ウォーター事業

人の生活に欠かせない「水」を安全・安心に
お届けすることを重大な使命と考えています。

安全・安心にこだわったピュアウォーターを世界に


標高1220メートルに湧き出る水源「アルピナ」

アルピナウォーター
壮大な地球の営みが100万年の永きにわたって作り上げた「日本の屋根」北アルプスには、この国の3000メートル級の山々の半分が存在するといわれています。
季節風が峻厳な尾根に吹き付けておびただしい雪を降らせ、真夏にまで残雪が見られるこの場所で、水はゆっくりと山々に滲み透り、100箇所におよぶ湧水、多くの名水をもたらします。
トーエルのピュアウォーター「アルピナ」は、この北アルプスの標高1220メートルという安易な登山が許されない、「矢沢水源」の湧き水を原水としています。

アルピナの商品サイトを見る 

アルピナ大町工場

大町工場の周囲には何もありません。その何もないことがとても重要なのです。
密集した民家や工場が極端に少ない場所にあり、環境汚染の心配がありません。
また工場より下流にはわさび畑が多くあることで有名です。わさびの生育には豊富で上質な水が欠かせませんが、
アルピナはそのさらに上流の水を水源として利用しています。こんな自然の恩恵を受けて、アルピナはここ大町工場で生まれます。
アルピナ大町工場は年間最大生産本数が1500万本という、日本最大級を誇る最先端のオールロボット工場です。

溶岩石で濾過された地下水が水源「ピュアハワイアン」

ハワイアンウォーター

美しい自然と澄み切った空気につつまれたハワイは、すべての大陸から遠く離れ、大陸の影響を受けない自然環境です。また世界でも有数の降水量の多い地域で、日本と同じ火山帯でもあります。そのためハワイの高い山々に降った雨は、長い時間をかけてゆっくりと溶岩石(スポンジ状)を通り、自然にろ過されて地下200Mに蓄えられています。このためか、ハワイは悠久の昔から「水」「雨」「虹」についての伝説が数多く存在し、特にトーエル水源地の近くにはオアフの癒しの聖地である「ヘイアウ」もあります。この水と水源地はハワイの州政府によって立ち入りが禁止されるなど、厳重に守られています。

ピュアハワイアンの商品サイトを見る 

モアナルア工場

ワイキキから車で30分ほどに位置するモアナルアは、 かつてハワイ王家の別邸があった
「モアナルア・ガーデンパーク」として有名な場所で、
パーク内にはハワイ原産のものをはじめ、世界各国の樹木が植えられています。
モアナルア工場は年間360万本の生産能力を有し、ボトルの自社生産能力を持っています。
ピュアハワイアンウォーターの「ハワイアンジュエリーデザイン」のボトルもここから生み出されるもので、
ボトルを生産できる設備だからこそ、オリジナルアイテムの製造を可能にしています。

生産ライン

生産ライン

大町工場、モアナルア工場共に、生産ラインに入ったボトルは、お水が詰められてから閉栓まで一切人の手が触れることはありません。 最上級レベルのクリーンルームで処理され、厳しい検査をすべてパスするまで、同時期に製造したボトルの出荷を一切認めないという徹底した品質管理のもとで生産しています。

アルピナ大町工場 世界統一の食品安全システム、FSSC22000の認証を取得
FSSC 22000とは、Food Safety System Certification 22000の略であり、食品安全認証財団FFSC(Fundation for Food Safety Certification)が開発した食品安全のための国際認証規格です。2010年2月には、GFSI(世界の消費財業界メーカー・小売企業、650社以上によって組織されるTCGF(The Consumer Goods Forum)によって運営される非営利団体)により、食品安全の認証スキームの一つとして承認された世界的な食品安全のベンチマーク承認規格です。特に大町工場は日本のリターナブルボトル業界で初の取得となります。これは食品のあらゆるリスクに求められる非常に厳しい規格です。
アルピナ大町工場 世界統一の食品安全システム、FSSC22000の認証を取得
アルピナ大町工場、モアナルア工場 食品安全マネジメントシステム国際規格、
ISO22000:2005 の認証を取得
ISO22000:2005 とは、ISO9001(※1)とHACCP(※2)の2つの概念を融合して開発されたフードチェーン(食品の生産から消費者に届くまでの全ての段階)全体における食の安全を守るための国際規格です。

※ 1,2 世界統一の食品安全システム
アルピナ大町工場 ISO22000:2005
モアナルア工場 ISO22000:2005