個人株主の皆様へ


トーエルって何している会社?

Life Line Innovation

創業以来トーエルは「火」「水」「空気」を事業コンセプトに掲げ、生活に密着したライフライン企業として、安全・安心・安定を念頭に事業を展開しています。トーエルのコアビジネス「火」のLPガスは、独自の物流システムにより徹底したコストの削減と安定供給を推進。「水」のウォーター事業では、北アルプスとハワイに水源を確保し、国内はもちろん、海外へも販路を拡大しています。また、時代のニーズに対応して、電力小売り事業、光回線事業を開始。LPガスと水に電気・通信が加わることで、総合的なライフラインサービスを提供する「トーエルライフラインパッケージ」を実現しました。今後も強靱なライフライン事業社として体制を整えて参ります。そして、これまでの事業で培ってきた技術と経験を活かし、第3の事業である「空気」の柱として、植物工場の拡大も進めています。創業者の経営理念である『商いは全ての人に仕えること』をモットーに、これからもお客さまの暮らしを支え、皆さまから愛される企業を目指し、社員一同、邁進して参ります。

物流の効率化がトーエルの強みです

お客様のライフラインと直結した物流ネットワークで、豊かで安全・安心な生活をサポートしています。

物流の効率化

大型車輌の採用

LPガス輸送用には24t平ボディトレーラーを、ピュアウォーターの輸送には26tウィングトレーラーを採用するなど、大型車輌の導入による一括大量輸送で物流コストを削減しています。

ベルシステム

一度に5本の容器を真空状態で吸引し搬送するベルシステムの採用で、作業時間の短縮化、人件費の削減を実現しています。

湾岸直送システム

湾岸輸入基地でLPガスを充填して直接お客様に配送。内陸での充填工場を介さないので、物流の効率化、迅速化はもとより、輸送費、充填費用、工場設備費、人件費などのコストを節減しています。

アルミ容器

軽量アルミ容器の採用により、従来比、2割増のトラック積載が可能となり、輸送コストを大幅に削減。

直線配送システム

従来の「エリアを基準とした配送」ではなく、配送密度の高い地域を直線上に結び配送することで作業の効率化をはかる配送システムです。時間や移動距離の短縮化で配送効率の向上につながっています。

トーエルは物流改革を軸としたイノベーションにより、他に類を見ない効率の向上とコストの低減に取り組んでいます。エネルギー事業においては、湾岸基地よりエンドユーザーへLPガスを直接輸送(湾岸直送)、車両の大型化による効率の向上、配送ルートの直線化による密度の向上(直線配送)。また、ウォーター事業においては一貫した自社インフラの構築やLPガスで培った配送ノウハウの利用。これらを支える司令塔である大型のコールセンターでは、GPSによる作業状況の把握システムやPDAによる作業支援システムを業界に先駆けて採用しました。本業であるエネルギー事業では、一般家庭用を始めとして大型業務用へのLPガス販売に加え、ガスヒートポンプ、コジェネレーション、燃料電池といった幅広いエネルギー活用提案と展開が可能です。

「火」と「水」2つの柱で持続的成長を実現

需要期が異なる事業で、年間を通してバランスの取れた収益構造を目指します。

gas
water
  1. 季節による気温変動の影響
    LPガスは気温が下がる冬季に需要が大きく、夏季に小さいという特性を持っています。また、気温の推移が平年並みであるか異常気象であるかにもよって需要は変動します。一方でウォーター事業においては気温が高くなる夏季に需要のピークを迎え、冬季に需要が小さくなるという特性があります。トーエルではこの2つの事業を柱とすることにより可能な限り年間でバランスの取れた収益構造を実現しています。
  2. LPガスの輸入価格の影響
    我が国のLPガスは主として中東諸国からの輸入であり、その輸入価格は産油国の決定するCP(コントラクトプライス)価格を元に決定されます。トーエルでは、大口顧客に対してCP連動価格を推進するとともに、物流合理化と備蓄量の確保によりガス事業の収益性の安定を図っております。

新たなライフライン事業への挑戦

お客様のライフラインを支える企業としての使命を明確に認識し、さらに将来を見据えた新事業を展開しています。

トーエルの事業ビジョン

1.お客様の生涯顧客化

地域のお客様とのコミュニケーションを通じ、生涯お付き合いいただける企業を目指します。

エネルギー事業

~安定成長に向けた取り組み~

ウォーター事業
電気・通信事業

~さらなる成長への取り組み~

トーエルライフラインパッケージ

トーエルでは2015年に通信事業の「TOELL光LINE」、2016年には電気事業の「TOELLでんき」を開始し、ライフラインサービスの充実を図っています。こうした“総合的なライフラインサービス”の提供はトーエルの強みであると考え、お客様のくらしを丸ごと支える4つのサービスを『トーエルライフラインパッケージ』として提案しています。

さらに、LPガスまたはウォーターサーバーをご契約のお客様が、トーエルのライフラインサービス(LPガス、ウォーターサーバー、TOELL光LINE、TOELLでんき)を追加でご契約いただくと、組み合わせに応じて割引が受けられる『セット割』も開始。顧客満足度の更なる向上を目指しています。

こうした時代の変化を柔軟に取り入れた事業展開は、次代のトーエルにつながると自負すると共に、今後も新たな可能性を追求してまいります。
ライフラインパッケージ
2.期待の新事業の強化

市場のニーズにいち早く対応し、新たな価値を創造します。

アグリ・新エネ事業

~将来を見据えた取り組み~

経営方針

  • エネルギー事業の利益体質の確立
  • ウォーター事業の更なる発展
  • 新エネルギー・アグリ事業の育成
  • 専門性と適応性を備えた人材の育成
  • 財務体質の強化

エネルギー事業においては、LPガスの販売のみにとどまらず、太陽光発電、燃料電池、風力発電などの新エネルギーをLPガスと組み合わせ、総合的にエネルギーに関わるサービスを提供する会社となるべく取り組みを行っています。また、バルク貯槽20年問題に対応するワンストップ体制も整備し、バルク事業の更なる拡大を図って参ります。

ウォーター事業については、ハワイ・オアフ島のモアナルア工場を始めとし、大町工場の拡張など生産体制の拡充を行って供給体制のさらなる安定化を図るとともに、ブランド力を活かした新興アジア諸国などへの飲料水の輸出など、海外への展開を行っております。

安定のLPガス、成長事業のウォーター、規制緩和により成長の見込まれる電気、ますます社会インフラとして重要になりつつあるインターネットを含む通信の事業を組み合わせ、お客様のライフライン全てをお得に支える『ライフラインパッケージ』も推進して参ります。

また、食の安全がかつてない注目を集める中、LPガス容器検査工場の余剰ガス(残ガス)を利用した植物工場の運営は今後も継続して行って参ります。

こうした取り組みにより、エネルギー事業で安定した収益を確保し、ウォーター事業では関東圏から海外へと成長を求めていくとともに、戦略的に事業展開していくための高度な専門性と適応性を兼ね備えた人材の育成と、骨太な経営体質を実現するための財務体質強化にも引き続き注力して参ります。