経営方針


 中東の地政学的政治リスクの不安材料による国際原油価格の高騰傾向から、同様にLPガス輸入価格も前年度比高値で推移しました。一方、小売市場での顧客獲得に伴う過当な価格競争の沈静化の兆しは見えません。当社はこの過当競争を避けるために、まず当社独自のエネルギー事業者としてのポリシーを掲げ、公正なる取引適正価格をホームページ上にも公表開示し、顧客の理解を求めることで、営業利益の確保に努めました。

 ウォーター事業においては、異業種からの参入等もあり業界競争は厳しくなっておりますが、当社は他社との差別化戦略において高品質な天然の原水ブランドに拘ってきました。そのために独自の原水による安定供給のために長野県大町工場に製造ラインを増設し、ハワイ州オアフ島においてモアナルアファクトリーに次ぐ第二工場の建設に着手しました。